文字サイズ

今季限りで阪神退団の能見が登板 全球ストレートで1回0封 魂の投球に大きな拍手

 7回から登板する能見(撮影・北村雅宏)
2枚

 「阪神-広島」(22日、甲子園球場)

 今季限りで阪神を退団することが確実になった能見篤史投手(41)が七回に登板。おなじみの登場曲とともに、リリーフカーに乗って登場すると、甲子園が拍手に包まれた。

 広島下位打線を相手に6球すべて直球を投げ込んだ投手チーム最年長は、ピレラを左飛、上本を中飛、そして代打・羽月を三塁ゴロに打ち取ると、再び甲子園は大きな拍手に包まれた。

 22日までに球団から来季の戦力構想外を伝えられた能見は同日、球団広報を通じてコメントを発表。「内容について自分の口からお伝えすることはありません」としたものの、「球団から今後について話があったのは事実です」と認めた。

 阪神退団が決定的となったことを受け、「ファンのみなさんにお伝えしたいことは、タイガースのユニホームを着て、みなさんの前でプレーするのは今季が最後になるということです」と明言。「チームはまだシーズンを戦っている最中ですので、目の前の試合に集中していきます」と残り試合に全力投球することを誓っていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス