文字サイズ

阪神 福留や糸原ら11人に制裁金の処分 コロナ大量感染、球団ルール違反の選手ら

 阪神は11日、糸原健斗内野手、福留孝介外野手、岩貞祐太投手ら10選手とチームスタッフ1名の計11人に制裁金を課したと発表した。

 制裁金が課されたのは、新型コロナウイルスに感染した影響で大量離脱した選手や、球団のルールを違反して外食に参加していたメンバー。球団は「レポートならびに面談内容を鑑み、各人に対しては球団規則に則り制裁金を課しました」とした。

 制裁金は後日慈善団体に寄付されるという。また、慈善団体の寄付に際しては会社側の責任者も参加する。

 ◆制裁金が課された選手は以下の通り。

 福留孝介外野手、岩貞祐太投手、岩崎優投手、糸原健斗内野手、江越大賀外野手、小林慶祐投手、木浪聖也内野手、馬場皐輔投手、小川一平投手、浜地真澄投手

 発熱した陽川尚将外野手については今後レポート提出、面談をしたうえで、処分を行うという。

 阪神は9月25日に岩貞、陽川、糸原、馬場、浜地の5選手が新型コロナウイルスに陽性判定されたことを発表した。それに関連して同19日に福留、岩貞、陽川、糸原、江越、小林、木浪、スタッフの8人が遠征先の名古屋で飲食店を貸し切って外食していたことが判明。同日に岩崎、馬場、浜地、小川の4選手も外食していたことも公表した。球団の内規では「4人まで」「同ポジションは極力控える」の条件だったが、ルール違反していた。

 最年長の福留、主将の糸原は謝罪。3月に続くコロナ騒動などの引責で揚塩球団社長が辞任する事態にまで発展した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス