文字サイズ

阪神2軍 1イニング4失策の守乱で敗戦 平田監督「下手にも『クソ』がつく」と怒り

 「ウエスタン、ソフトバンク3-2阪神」(10日、タマホームスタジアム筑後)

 阪神2軍は五回の1イニング4失策が響き、決勝点を許した。

 1点リードの五回、先発の斎藤が1死一塁から一塁にけん制悪送球し、二塁への進塁を許すと、高田に同点の中前適時打を浴びた。

 さらに上林の打席でも斎藤は一塁にけん制悪送球とリズムに乗りきれない。嫌な流れを止めたかったが、2死二塁から遊撃・木浪が内川の打球をファンブルし、一、三塁にピンチが拡大。

 続く柳町は二塁方向にゴロを転がしたが、これを二塁・遠藤がトンネル。三走が本塁へ生還し、勝ち越しを許してしまった。

 試合後、平田2軍監督は五回の守備を振り返り「下手にも『クソ』がつく」と怒り心頭だった。

2022-08-14
2022-08-13
2022-08-12
2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス