文字サイズ

阪神・矢野監督、藤浪援護できない中軸打線嘆く「かえすところの差が出た」

巨人に連敗し厳しい表情を見せる阪神・矢野監督=甲子園(撮影・山口登)
3枚

 「阪神1-4巨人」(5日、甲子園球場)

 阪神が2カードぶりに負け越して借金2となった。

 矢野燿大監督は、8回4失点で自身3連敗となった藤浪に対しては「投げるたびに自信も出て来ていると思いますし、手応えを感じていると思います。バッターに向かって晋太郎らしい投球だった」と評価した。

 一方で、藤浪が登板した試合は援護できない状況が続いている。藤浪の登板3試合で奪った得点は3点。この日は4番の結果も明暗を分けた。

 巨人は六回2死一、三塁で岡本が右越え2点二塁打を放ったが、阪神は八回2死満塁で大山が遊ゴロに倒れている。矢野監督は「かえすところの打順の差が出た。向こうは中心で返して、うちは中心でかえせなかった」と悔やんだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス