文字サイズ

阪神、DeNA・平良に5回まで2安打無得点…福留代打起用も実らず

 「阪神-DeNA」(2日、甲子園球場)

 引き分けを挟んで3連敗中の阪神は、DeNAの先発・平良に、五回までわずか2安打と抑え込まれた。

 この日は2試合ぶりに糸井が「2番・右翼」で復帰。「1番・中堅」に近本を置いた。初回、DeNAに先制を許すと、裏の攻撃では3者凡退に抑えられた。三回、1死から植田が遊撃内野安打で出塁。岩貞が犠打で送り、得点圏に走者を進めた。

 さらに続く近本の打席では、植田が三盗を決めた。それでも最後は近本が空振り三振に倒れ、同点にするチャンスを逃した。

 平良とは7月12日に続き、今季2度目の対戦。この時も6回1失点に抑えられたが、2-1で勝利している。四回の攻撃前には円陣を組むなど、対策を練ってはいるがなかなか突破口を開けない。

 五回には1死から梅野が右前打で出塁。続く木浪の打席で二盗を決めると、捕手・戸柱の悪送球を誘って一気に三塁へ。同点機を作ったが、木浪は遊直に。鋭い当たりも山本の好守に阻まれた。

 さらに植田の死球後、矢野監督は、5回まで1失点の岩貞に代え、福留を代打に送る。だが、三邪飛に倒れて無得点に終わった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス