文字サイズ

阪神・梅野が同点2点二塁打 木浪勝ち越し犠飛で一時逆転

 4回、同点となる2点適時二塁打を放つ梅野(撮影・神子素慎一)
 4回、勝ち越し犠飛を放つ木浪(撮影・飯室逸平)
 4回、梅野の同点タイムリーで生還した糸井、ボーアを迎える矢野監督(中央)=撮影・飯室逸平
3枚

 「阪神-ヤクルト」(14日、甲子園球場)

 阪神が逆転に成功した。序盤3イニングは、ヤクルト先発・石川の術中にはまり無得点。ただ、四回に打線がつながった。

 2点を追いかける展開。先頭・糸井が左翼線二塁打でチャンスメーク。続く大山は左飛に倒れたが、5番・ボーアが右前打、6番・サンズが四球で満塁の好機を作る。

 この絶好機に梅野が初球を捉え右翼線を破る2点適時二塁打。これで同点に追いつく。なおも1死二、三塁と勝ち越しの好機で、木浪が右飛。三塁走者・サンズが激走し、本塁に生還。犠牲フライとなり、勝ち越しに成功した。

 だが五回、秋山が西田に同点ソロを浴びた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス