文字サイズ

阪神・大山、全打点で勝利導く「打席の中で攻めていけてる」6試合連続安打中

 8回、右線へ適時二塁打を放つ大山
2枚

 「阪神2-1DeNA」(12日、甲子園球場)

 逃げ切り、接戦を制した阪神。4番に座る大山悠輔内野手が4打数3安打でこの試合、チームの全得点となる2打点を挙げた。主砲の奮闘で九回に逆転された前夜の悪夢を払しょくし、連敗を阻止。カード勝ち越しを決めてDeNA戦を3勝3敗とした。

 緊迫した投手戦の均衡を破ったのは六回。2死二塁で4番・大山が打席を迎えた。相手先発・平良が投じた内角寄りの変化球に反応。コンパクトなスイングで打球を左翼へ運んだ。その間に二走・糸原が一気に生還した。

 待望の先制点となる一打。「昨日2点先制して、チャンスで凡退しているので。そういう意味では借りを返すじゃないですけど、何とかしたいという気持ちがあったので。サダさん(岩貞)も一生懸命粘ってくれたので、何とか点を取りたいなというところでタイムリーがでたのでよかったです」と納得の表情を浮かべた。

 さらに八回、2死二塁の場面では右翼線に適時二塁打で貴重な2点目をもたらした。初回の1打席目では中前打を放つなど6試合連続安打中と打撃好調だ。勝負強さを発揮して好投する先発の岩貞を援護した。

 離脱したマルテに代わって7月5日の広島戦(マツダスタジアム)から4番を託されている大山。これで4番としては打率・529で2本塁打、6打点と存在感を示している。「積極的に打ちにいけている。打席の中で攻めていけるのが、自分の中でうまくいっていると思うので。そこはしっかり続けていきたいと思います。今、なんでいいのかというのをしっかりまとめて、また次の試合に向けて頑張っていきたいと思います」と気持ちを引き締める。

 巻き返しへ。主砲のバットが連勝街道へと導く。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス