文字サイズ

阪神・藤川がアクシデントで緊急降板 張りが生じて大事を取っての交代

5回、投球後に顔をしかめる藤川球児。この直後降板する(撮影・田中太一)
2枚

 「練習試合、阪神-広島」(3日、甲子園球場)

 阪神・藤川にアクシデントが発生し、緊急降板した。部位は明らかになっていないが張りが生じたため、大事を取って交代したという。

 藤川は五回1死から9番堂林へ4球目を投じた後、福原投手コーチ、トレーナーがマウンドへ走った。その後、1球投球練習したが飯田に交代となった。

 藤川は0-0の五回に登板。先頭の5番西川に技ありの左前打を許すと、続くメヒアに左翼席へ、特大の一発を浴びた。左翼手・福留が一歩も動けないほどの“驚弾”だった。続く7番長野に左前打を浴び、会沢を空振り三振。打席に堂林を迎えていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス