文字サイズ

阪神・藤浪に異変 アクシデントで3イニング目に緊急降板 球速10キロ減

 「2軍練習試合、阪神-ソフトバンク」(3日、鳴尾浜球場)

 阪神・藤浪晋太郎投手(26)が、活動再開後、初の実戦登板で八回途中に途中降板した。最速154キロを計測した直球が、最後は140キロ台前半に。アクシデントが発生したのか、状態が不安視される。

 藤浪は六回から、3月18日の2軍練習試合・オリックス戦(オセアンBS)以来となる実戦マウンドへ。まずは先頭の谷川原に対して、いきなり150キロを計測。152きキロ、151キロと速球を連発し、外角低めの151キロで見逃し三振を奪った。

 さらに、続く釜元も簡単に追い込むと、140キロのフォークで2者連続の三振に打ち取る。続く田城に対しての初球には、154キロを計測。フルカウントから四球で歩かせると、川瀬に中前打を許して2死一、三塁。ピンチを背負ったが、最後は野村を152キロの直球で見逃し三振に斬った。

 まずはこの回を3三振で無失点に抑えたが、異変は続く七回からだ。三森に左翼越えの適時二塁打を許すなど、2点を失った。

 球速が10キロ近く落ちると、続く八回、先頭の田城に右翼線二塁打を浴びる。続く川瀬にもストライクが入らない。捕手の長坂がマウンドに駆け寄ると、ベンチから香田2軍投手コーチも出てきた。なんとか続行したが、四球で歩かせたところで、平田2軍監督が交代を告げた。2回0/3を3失点での途中降板となった。

 藤浪は3月26日に新型コロナウイルスに感染。入院などを経て、4月24日から鳴尾浜の自主練習に参加し、5月19日から甲子園の練習に合流した。だが、同28日の甲子園での集合練習に遅刻し、矢野監督と面談後に2軍再調整が決定。指揮官は無期限2軍を示唆し、開幕ローテ入りが絶望的となっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス