文字サイズ

阪神・育成ドラ2奥山、同期に闘争心 右膝裏回復は順調!遅れ取り戻す

 阪神の育成ドラフト2位・奥山皓太外野手(22)=静岡大=が15日、鳴尾浜の自主練習後、球団を通した取材に対応。春季キャンプで痛めた右膝裏の状態は良好で「(2軍全体と)同じメニューもできるようになってきて、順調に回復していると思います」と明かした。

 オープン戦では同じ大卒の育成1位・小野寺(大商大)が先に1軍戦に出場。実戦出場がない奥山には刺激となっていた。同じ右打ちの外野手だけに「何かと比較されると思う。その中で勝負していかなくては」と闘争心を燃やした。

 コロナ禍で卒業式は中止となり「残念」と吐露した。プロで「国立の星」になることが目標だけに、まずは支配下登録を勝ち取り、同級生たちにいい報告がしたい。「チャンスを自分から取りに行くんだという気持ちでしっかり準備したい」と巻き返しを図る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス