文字サイズ

阪神ドラ4遠藤 あと1本でサイクル 4の3!2打点大暴れ!

 1回、二塁打を放つ遠藤
3枚

 「2軍練習試合、阪神6-2ソフトバンク」(25日、鳴尾浜球場)

 阪神ドラフト4位・遠藤成内野手(18)=東海大相模=が25日、2軍練習試合・ソフトバンク戦(鳴尾浜)に「2番・遊撃」で出場し、4打数3安打2打点と大暴れした。「チームが勝つための打撃を心掛けて積極的にいけた」と表情を緩めた。

 まずは初回1死、前日も対戦した板東から左越え二塁打を放つと、三回には渡辺健から左前打。2本とも逆方向へ強い打球を放ち「自分のポイントでしっかりと打てた」と自賛した。

 勝負強さも発揮した。2点を追う五回1死一、二塁の第3打席。1ストライクから渡辺健の122キロスライダーを中越え2点三塁打で同点とした。4打席目は二ゴロ併殺打に倒れたが、あと本塁打が出れば、サイクル安打達成という強烈なインパクトを残した。

 平田2軍監督も「打球も伸びるし、いい形で打っている」と評価。前カードの中日戦で指揮官から「三振してもいいから積極的な姿勢を見せてこい」と指摘されていたが、バットで体現した。

 積極性に加え、遠藤がこだわるのは形の部分だ。「ポイントで捉えることができれば、バットのヘッドの重みを使えて、ボールにも勢いをつける打球が打てるので」。この日のように納得のいく形を今後も継続する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス