文字サイズ

岡田彰布氏のセ5球団チェック 中日は投手陣不安…ヤクルトが一番しんどい

 15年ぶりのリーグ優勝を目指す阪神に立ちはだかるのはどの球団か-。デイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(62)が、春季キャンプ恒例のセ・リーグ5球団視察を敢行した。キャンプや対外試合をつぶさにチェックした岡田氏が、各球団の戦力をずばり、診断する。

  ◇  ◇

 中日のAクラス入りはしんどそうやね。総合力でヤクルト以外の4球団に見劣りするんよなあ。得点力のなさというのもあるけど、やっぱりピッチャーが弱い。

 去年、柳が初めて2桁(11勝)勝って、大野雄も復活した。だから今年もやる、というのは早計な気がするんよ。もうちょっと、信頼感が出てこんと。

 ナゴヤドームはやっぱり守りで勝たなアカン球場。強かった時の中日も、そうやって勝ってた印象がある。後ろ(岩瀬)もしっかりしてたし。その頃との差は、なかなか埋まらんやろう。

 ヤクルトは一番しんどいな。村上がケガで出遅れたけど、それ以上にバレンティン(ソフトバンクに移籍)の穴が大きいよ。

 内野手でエスコバーを獲得したけど、タイプが違うから穴が埋まるとは思えんしな。山田哲も後ろにバレンティンがおったから、打ててた部分もある。山田の負担を考えても、マイナスの方がはるかに大きい。

 加えてピッチャーも計算できるのが小川1人やから。苦戦するやろうね。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス