文字サイズ

阪神・マルテが2ラン、福留もヒット 今季初実戦で存在感

1回紅組、2ランを放つ阪神・マルテ
2枚

 「阪神紅白戦、白組1-6紅組」(18日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 阪神はマルテと福留が実戦初出場。初回、紅組の「4番・三塁」でスタメンのマルテが近本の先制ソロに続いて2ランを放つと同「5番・左翼」のベテラン福留も右前打をマークした。なお、試合は6イニングスで行われた。

 マルテと三塁を争う白組4番の大山は適時打で意地を見せた。主力では梅野が左越えソロ、糸原は3安打を放った。

 投手陣は今年初の実戦登板に臨んだ白組の先発・西勇が1回を4安打3失点。紅組先発の青柳は2回3安打1失点。秋山は2回1安打無失点、4三振を奪う好投を見せた。若手の浜地と望月は走者を出しながら、粘った。浜地は2回2安打無失点、望月は2回1安打無失点と粘った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス