文字サイズ

阪神 原口のサヨナラ打でノムさん追悼試合に勝利

 「練習試合、阪神7-6楽天」(16日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 阪神が、原口文仁捕手のサヨナラ打で野村監督の追悼試合に勝利した。阪神は対外試合3勝目となった。

 1点ビハインドで迎えた九回、熊谷のタイムリー二塁打で同点とすると、2死二塁の場面で原口が高梨から左中間にサヨナラのタイムリーを運んだ。

 阪神は三回に対外試合初登板となった藤川球児が満塁弾を被弾して0-4と大きくリードを許したが、直後に3点を返す粘りを見せた。その後も追加点を許しながらも追い上げた。新外国人・ガンケルは対外試合初登板初先発し、2回1安打無失点だった。

 試合は両軍の監督を務めた野村克也氏の追悼試合として行われ、両軍選手は喪章をつけて出場した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス