文字サイズ

阪神・高山“崖っぷち” 福留、糸井に負けない!ブルペンで積極目慣らし

 外野ノックを受け倒れ込む高山
3枚

 自らを“崖っぷち”と表現する阪神の高山俊外野手(26)が25日、キャンプ初日から全力を出せるだけの仕上げを目指していることを明かした。

 この日は鳴尾浜で自主トレを行い、途中で小気味よいミット音が響くブルペンへ。捕手の後方に立ち、青柳、飯田、藤浪らが投げ込む球に対して、バットを構えながらタイミングを取った。

 「投手の仕上がりが早い分、いきなりというのは難しい。積極的に見ていこうと思って。いろいろ変化球とかも投げているし、いきなり見るよりかは、慣らしていって合わせていくので。1日から100%でやるために、試合形式ですぐに結果が出せるように」。第1クールから組み込まれる実戦形式の練習に対応できるよう、感覚を呼び戻しているという。

 合同スタッフ会議が行われた前日24日には、清水ヘッドコーチが「福留さん、糸井さん、僕が出ます。レギュラーを獲りますというのが欲しい」と若手外野陣にハッパを掛けた。「自分にプレッシャーをかけて。今年で5年目。崖っぷちっちゃ、崖っぷち。実戦では若い僕らが先に出ると思うので、ずっと結果を出し続けたい」。その言葉から悲壮な覚悟がにじみ出た。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス