文字サイズ

阪神・青柳 アンダースロー調整 ローテ入りへキャンプ初日からアピール目指す

 阪神・青柳晃洋投手(26)が18日、鳴尾浜のブルペンで、通常より低い体勢からの投球を繰り返す「アンダースロー調整」で、フォーム固めに取り組んだ。キャンプでの早期実戦登板へ向け、調整に抜かりはない。

 「この時期はよくやる練習です。僕は(投げ方が)サイドなんですけど、サイドよりも(腕が)下なのが僕なので。(この時期は腕が)上から出たり、悪いところが出るので修正でやったりします」

 この日は新人合同自主トレ休日のため、スタッフが誰もいない中、一人で黙々とネット相手に投げ込んだ。足を開いた状態から、下半身と腕の位置を確認しながらの投球。「第1クールから実戦系があると思って、僕も投げると思ってやっているので」。キャンプでの競争に向け気持ちは十分に高まっている。

 「ピッチャー陣がそろっているチームなので、1年やったからと言って余裕があるわけでも(ローテが)決まってもないので」と青柳。9勝を挙げた昨年以上の活躍を目指し、キャンプ初日からのアピールを目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス