文字サイズ

阪神・ドラ5藤田 “令和の田淵”になる!やるからには『4番・捕手』だ

 軽快な動きでノックを受ける藤田
3枚

 阪神ドラフト5位の藤田健斗捕手(18)=中京学院大中京=が16日、“令和の田淵”を目指すことを明かした。田淵氏の殿堂入りのニュースをチェック。大先輩が務めていた虎の『4番・捕手』を「やるからには目指して頑張っていきたい」と意気込んだ。

 昨夏に甲子園ベスト4に進んだ時も4番・捕手としてチームをけん引。プロでも打てる捕手になるため、パワーアップを図った。現在の体重は高校でプレーしていた当時より5キロ増やして80~81キロ。「キレを失わないように、瞬発系のトレーニングとかもやりながら、ウエートを欠かさずやっていた。現状ではたぶん今が動けるギリギリの体重」と明かす。

 この日は新人合同自主トレでティー打撃、ランメニュー、ノックなどを消化。「非常に体の動きもいいですし、バッティングでもボールへの力の伝わり方とかがいい感じにきています」と胸を張る。「2桁本塁打を打って、打率3割に到達できるように」と大きな目標を掲げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス