文字サイズ

阪神紅白戦2番手投手は明暗分ける 飯田2回無安打無失点 馬場はアピール失敗

 「阪神紅白戦、白組2-0紅組」(16日、安芸市営球場)

 ともに先発候補で、2番手で登板した馬場皐輔投手、飯田優也投手は明暗分ける投球内容になった。飯田は2回を投げて無安打無失点。馬場は2回2安打2失点と、アピール失敗に終わった。

 両者ともに三回から2番手で登板。飯田は山本昌臨時コーチ直伝のチェンジアップを駆使し、ほぼ完璧な投球内容。フェニックス・リーグで先発再転向を直訴し、来季のローテ入りに意気込む左腕がアピールに成功した。

 一方、17年度ドラフト1位の馬場は、1死から熊谷に四球を与えると、直後に二盗を許す。さらに近本のバント安打で一、三塁。続く高山の打席でも初球、重盗を決められて1点を失った。さらに高山の左犠飛で2失点。続く四回も、先頭の梅野に右前打を浴びるなど、投球内容にも課題を残す結果となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス