文字サイズ

退団の鳥谷「阪神を辞めることもピンチじゃなく、チャンス」 子供たちに講演

ボールをプレゼントする鳥谷(左)
3枚

 今季限りで阪神の退団が決まっている、鳥谷敬内野手(38)が20日、東京都三鷹市で行われた三鷹青年会議所50周年記念事業「みたか夢フェスタ2019」に出席した。子どもたちに夢を持つことの大切さを説いた1時間30分。「子どもたちに夢を与える手助けができたら」と熱く語った。

 鳥谷自身がプロ野球選手と夢を明確に抱いたのは、大学生のときだという。「そのときから目標が見えた」と話し、食事&睡眠以外の時間は練習に費やしたことを明かした。そして「夢が叶っても、また次の夢を見つけることが大切」と言葉を続けた。16年間育った阪神を離れ、新たな挑戦に挑むベテラン。講演会の最後には、こう締めくくった。

 「小学校の頃にコーチから言われた言葉がある。『ピンチと思うなら、チャンスと思え』。その言葉をずっと今でも大切にしてきた。今回阪神を辞めることもピンチじゃなく、チャンスだと思っています。みんなも常にチャンスっていう気持ちを持って、チャレンジしてほしい」

 テーマは「終わらない夢を。」だった。最終戦を終え、新たな挑戦へと向かう鳥谷から子どもたちへ。この日は約300人が集まり、最後の質疑応答では「好きな動物はなんですか?」とかわいらしい質問も飛びだすと、鳥谷自身も「トラって言った方がいいのかな」と笑顔。少し考えた後、最後には「ゾウ」と答えると、会場をわかせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス