文字サイズ

奇跡の6点差大逆転勝利で最終S進出王手!北條5打点&V打 DeNA悪夢

 「セCSファーストS・第1戦、DeNA7-8阪神」(5日、横浜スタジアム)

 阪神がまたしても、奇跡を呼び込んだ。6連勝でつかんだ逆転CS。今度はCS史上最大となる6点差を跳ね返す大逆転勝利だ。猛虎打線の爆発で先勝し、ファイナルS進出へ王手をかけた。

 奇跡の道はまだ続いていく。北條が、木浪が、近本が…みんながやった。劣勢ムードを切り裂いたのは、6点を追う七回からだった。代打・高山&代打・木浪が連打で1点を返すと、近本も内野安打でつなぎ、2番・北條。すると2球目だった。高めに浮いた直球に反応すると、左翼席へズドン。追撃の3ランで一挙4点を奪った。

 点差は2点。いける、いけるぞ-。ムードが高まった八回。2死一塁からだった。一走・高山が二盗を決める。すると木浪が右前へとはじき返し、初めてのCSで2打点目。途中出場ながら1点差に詰め寄る適時打で存在感を見せつけると、近本は猛打賞となる右前打を放った。2死二、三塁で、最後はまたしても北條が決めた。前進守備の外野の頭上を越す逆転適時三塁打で、試合を一気にひっくり返した。

 思わぬアクシデントが、チームの結束力を高める。“開幕投手”を務めた西が、まさかの負傷交代となる。立ち上がりに、強力DeNA打線に筒香の先制3ランを含む5連打。宮崎の打球が左足を直撃する投手強襲安打となって、治療を行うも、再びマウンドに戻ることはなかった。1死も奪えないままの降板は、プロ11年目で初めての屈辱。先発投手の緊急降板に、ブルペン陣が総動員となった。

 西の後を受け継いだ、守屋が追加点を与えない好リリーフ。ガルシアも3回0封でつないだが、3番手・島本が4連打を浴びるなど4失点。対DeNA戦で、防御率0・63と好相性だった左腕が打ち込まれた。

 だが、あきらめない。その後は能見-ドリス-岩崎-藤川と、計8人の継投でしのぎきった。九回は2死から宮崎のフェンス際の打球を高山が好捕したかと思われたが、リプレー検証の末、二塁打と判定されて大ピンチに。だが、藤川が耐え、逃げ切った。

 奇跡を起こしてきたチームだ。CS初出場の近本が猛打賞、木浪が2安打2打点の大活躍。さらに近本は、球団新人では初めてとなるCSでの盗塁を決め、この日は2盗塁。この勢いに乗って、日本一を目指す。

 CS本拠地初開催のDeNAは、継投策が裏目。悪夢の大逆転負けとなった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス