文字サイズ

高橋遥が4回6失点で降板 公開説教受けベンチで号泣

3回、5点を失い、ベンチに引き揚げる阪神・高橋遥人(中央)=マツダスタジアム(撮影・北村雅宏)
3枚

 「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム)

 阪神の高橋遥人投手(23)が、4回を投げ8安打6失点と大きく崩れた。大事な直接対決の初戦を任された左腕だが、自身の役割を果たせず、広島打線に主導権を握られた。

 二回、1死から5番・会沢に右翼へ先制ソロを浴びて先制点を献上。後続を封じたが、三回に捕まった。先頭の三好に左前打、1死後に1番・西川を打ち取ったものの不運な内野安打で好機を広げられ、続く菊池涼に左前への適時打で2点目を失った。

 さらに続く鈴木を内角スライダーで詰まらせたが、打球は二塁・糸原の頭上を越える右前への適時打。長野の四球を挟んで1死満塁から、5番・会沢に右前への2点適時打で、この回4点目。

 球場の雰囲気が広島サイドに一気に傾くと、続くメヒアの遊撃への高いバウンドを遊撃・木浪が後逸(記録は内野安打)してさらに1点を献上。三回だけで6安打、打者一巡の猛攻を浴びて一挙5失点で完全に試合は広島ペースせっきょういとなった。

 降板後、左腕はベンチで矢野監督から話しを受けながら叱られた模様で、号泣する場面もあった。球団広報を通じ高橋遥は「大事な一戦のマウンドを任せていただいたのに、こういう結果になってしまい情けないですし、チームに申し訳ないです」とコメントに悔しさをにじませた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス