文字サイズ

矢野監督 履正社を祝福「いい選手、タイガースに来てくれたら」

 6回、犠打を決めた大山を迎える矢野監督(撮影・高部洋祐)
3枚

 「全国高校野球選手権・決勝、履正社5-3星稜」(22日、甲子園球場)

 履正社(大阪)の打線が星稜(石川)の好投手・奥川を攻略し、春夏通じて初優勝を飾った。

 阪神・矢野燿大監督が履正社を祝福した。大阪・桜宮高在籍当時、コーチを務めていたのが履正社の岡田龍生監督だった。矢野監督は「応援していたし、岡田先生もある意味、何もないところからここまで履正社を持ってきたという…できあがったチームをやってきたわけではないんで。履正社というのが名門というところになるまで作り上げて、相当な苦労もある中で、全国制覇という意気込みで臨んで、その結果を出すというのは本当にすごいことやと思うし。まあ、オレも頑張ろうって思うし」とねぎらった。

 井上広大外野手ら強打線、清水大成投手ら投手陣の安定感も光った。「いい選手いっぱいいるんでね…タイガースに来てくれたらな、とは思う」とほれぼれしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス