文字サイズ

矢野監督、六回からは継投策「そういうこともできる環境になった」

7回の攻撃を終え、選手交代を告げた矢野監督
2枚

 「阪神3-1DeNA」(21日、京セラドーム大阪)

 阪神・矢野燿大監督が五回のピンチの場面で先発秋山に託した心境を試合後語った。

 2点リードの五回、秋山はDeNA先頭の大和に二塁打、投手の上茶谷に中前打でピンチを招き、9番・伊藤裕の犠飛で1点を与えた。さらに2死一、三塁と一打逆転のピンチを背負う。

 矢野監督は「行こうかな、行こうかな、行こうかなと思いながらね。そこはすごく難しかった。でも、アキ(秋山)自身が最後のロペス。カウントを悪くしながらも粘っていってくれたんでね。あの1人、あの1球というのがチームにとってもアキにとっても今日のゲームを分けるようなところだったと思うんでね。よくフミ(原口)と意識して何とか低いところにいってくれた。あの1球が、あの回が大きかった」とロペスを左飛に打ち取った場面を振り返った。

 六回以降は各投手1イニング、計4投手を投入して逃げ切り。「外国人枠の関係でソラーテが一回下に行く、ドリスが帰ってきたというところでは、そういうこともできる環境になったというのもある。スグル(岩崎)も安定したピッチングをしてくれているんでね。何の迷いもなくいけるというのは、そういうみんながいてくれるというのは大きい」と救援陣の安定感に自信を示した。

 最後は藤川が三者凡退締め。「外す理由がないし、球児らしいボールが投げられてるし。経験も豊富な投手なんで。任せてます」と守護神への信頼は増すばかりだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス