文字サイズ

近本 阪神新人で赤星以来18年ぶり20盗塁 連日快音も敗戦に表情晴れず

 「中日3-2阪神」(16日、ナゴヤドーム)

 レジェンド打ちも勝利に結びつかなければ意味がない。試合後、阪神・近本の表情がその事実を物語っていた。顔を紅潮させ、足取り重くバスへと向かう。いつもは足を止めて取材に応じるが、この日は違った。失意のどん底。連日の快音について「はい…」と声を絞り出した。

 虎の切り込み隊長として役割は果たした。「偉大な投手」と話す松坂と初めて対峙(たいじ)した初回。2ストライクからの4球目、142キロ直球を中前へ運んだ。直後には、糸原の初球に二盗成功。球団の新人では、2001年の赤星以来、18年ぶりとなる20盗塁をマークして好機を拡大した。三進後、糸井の犠飛で生還。持ち前の機動力を発揮した。

 反撃の口火もルーキーのバットからだった。1点を追う三回2死。フルカウントからの7球目、外角寄りのスライダーを捉えると、打球は二遊間を破り中前へ。松坂からこの日2本目となる安打をマーク。2試合連続のマルチ安打は糸井の一時同点となる適時二塁打へとつながった。

 6月は打率・179と低迷。だが、13日の球宴でサイクル安打を達成するなど、復調の兆しを見せる。ここ2試合は7打数4安打で打率・571。走塁面でも、相手バッテリーに警戒される中で盗塁を決めるなど調子は上々だ。

 一方で痛恨だったのは、九回1死一塁での守備。平田が右中間へ放った飛球に追いつき、グラブに当てたものの捕球できず。結果は二塁打となり、1死二、三塁とピンチが広がった。その後、サヨナラ負け。矢野監督は「追いついているからね。ああいうのを捕ってあげてほしい」と課題に挙げた。

 巻き返すためには欠かせない近本のレベルアップ。チームをけん引する選手へ。胸に抱く悔しさは、必ず成長へと結びつくはずだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス