文字サイズ

中軸は糸井、大山、原口 7番・二塁で上本【スタメン】

オリックス戦の阪神のスタメン=京セラドーム大阪(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「交流戦、オリックス-阪神」(16日、京セラドーム大阪)

 関西ダービー最終戦。2連敗中の阪神は、なんとしても最後勝って締めくくりたい。

 阪神は打線に、上本が「7番・二塁」で先発に復帰。5月31日の広島戦以来、14試合ぶりの出場だ。父の日に駆けつけた阪神ファンのお父さんたちの前で、打線に新しい風を吹かせる。

 また連敗ストップを託されたのは、新助っ人・ガルシア。イニングにこだわった投球で、勝利に導く。前回登板の9日、日本ハム戦では5回1失点。「六、七、八回くらいまでは投げられるようにしたい」と意気込んだ。

 前夜、走塁ミスを犯した大山も「4番・一塁」で先発出場。ミスを取り返すこの日のプレーに期待がかかる。相手バッテリーは田嶋-若月。スタメンは以下の通り。

 【阪神】

 1番・中堅 近本

 2番・三塁 糸原

 3番・右翼 糸井

 4番・一塁 大山

 5番・DH 原口

 6番・捕手 梅野

 7番・二塁 上本

 8番・左翼 高山

 9番・遊撃 北條

    投手 ガルシア

 【オリックス】

 1番・二塁 福田

 2番・一塁 鈴木昂

 3番・左翼 吉田正

 4番・DH ロメロ

 5番・右翼 中川

 6番・遊撃 大城

 7番・中堅 武田

 8番・捕手 若月

 9番・三塁 安達

    投手 田嶋

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス