文字サイズ

植田が5年目でプロ初本塁打 ダメ押し2ランにベンチ沸く

8回、2ランを放ち、ナインの祝福を受ける阪神・植田海(中央)=ヤフオクドーム(撮影・高部洋祐)
8回、2ランを放った阪神・植田海は阪神・矢野燿大監督とタッチを交わす=ヤフオクドーム(撮影・田中太一)
8回、右越えに2ランを放つ阪神・植田海=ヤフオクドーム(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「交流戦、ソフトバンク-阪神」(12日、ヤフオクドーム)

 阪神が4点リードの八回、植田のプロ1号2ランでダメ押し点を奪った。

 七回、北條の代走で出場した植田は、1死一塁で打席に立つと、元阪神の松田との対戦。1-1から3球目、内角低めの直球をフルスイングした。

 大きな弧を描いた打球は、そのまま右翼スタンドに到達。テラス席を飛び越え、右翼スタンド中段に突き刺さった。

 プロ5年、152試合、275打席目のプロ1号本塁打。伏兵の豪快弾に、ベンチの矢野監督も驚きの表情で、“矢野ガッツ”も豪快に飛び出した。今季10打席目の一発で、ここまで打率・375と好調を維持している。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス