文字サイズ

岩田7回8失点KO 最後は押し出し死球「悔しい投球」

7回、日本ハム・清宮幸太郎(右手前)に死球を与え、マウンドを降りる阪神・岩田稔(左から2人目)=甲子園(撮影・高部洋祐)
2枚

 「交流戦、阪神-日本ハム」(8日、甲子園球場)

 阪神の先発・岩田稔投手が6回2/3を10安打8失点で降板。2失点で踏ん張っていたベテランだが、七回途中で力尽きた。後を受けた馬場も相手打線の流れを止められず、接戦ムードから一転、大量リードを許す展開となった。

 岩田は四回、先頭の大田に初安打を浴び、1死一、三塁のピンチを招いた。ここで5番・清宮に先制の右前適時打を許すと、四球を挟んで1死満塁から清水の打球が遊撃への適時内野安打となり、2点目を献上した。

 五回と六回を無失点に抑えた岩田だが、終盤の七回だった。1死一塁から代打・中田に左中間への二塁打を許したが、中継プレーに助けられ失点を阻止。2死までこぎつけ、あと1アウトで攻撃終了と思われたが、落とし穴が待っていた。

 西川に安打でつながれ、大田の適時打で3点目。さらに王の適時打を浴びると、清宮へは押し出し死球。あと1つのアウトを取れないまま七回途中でマウンドを降りた。「序盤はゲームを作ることができましたが、要所要所で打たれてしまい、粘り切ることができず悔しい投球となりました」とコメントした。

 2番手で登板した馬場も流れを止められない。2死満塁から渡辺に直球を完璧に捉えられ、センターバックスクリーンへグランドスラムを許した。虎党の悲鳴とため息が交錯する甲子園。あと1死で攻撃終了としながら、まさかの1イニング7失点。しびれを切らし、ラッキー7を待たずしてジェット風船を飛ばす虎党も多くいた。猛虎がハムに、主導権を完全に明け渡してしまった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス