文字サイズ

5発13点で巨人に連勝 菅野KO 虎党が歓喜の六甲おろし大合唱 

プロ初勝利を挙げた阪神・守屋の頭をなでる矢野監督=東京ドーム(撮影・堀内翔)
6回阪神2死一塁、左越えへ2ランを放った阪神・大山悠輔は歓喜に沸くナインとタッチを交わす=東京ドーム(撮影・田中太一)
巨人に連勝してプロ勝利を挙げた守屋とタッチを交わす矢野監督(左)=東京ドーム(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「巨人8-13阪神」(15日、東京ドーム)

 阪神は打線が爆発し、巨人に連勝。先発野手全員の18安打13得点の猛攻で、貯金3となった。守屋がプロ初勝利を飾った。

 うっぷんを晴らすように、虎党が六甲おろしを熱唱した。六回までに巨人・菅野に4発を浴びせ、10得点の猛攻。七回にも梅野の一発が飛び出し、この時点で今季最多タイの5本塁打となった。

 先制は一回、1死一塁。糸井が甘く入った135キロのスライダーを仕留め、右翼席へ2号2ラン。その後も2死から福留、梅野、マルテが3連打を放ち、3点目を奪った。

 二回は大山、福留の適時打で2点追加。五回は福留が右翼席へ4号ソロ。六回はルーキー木浪が2号ソロを放ち、さらに大山の7号2ランなどで菅野をKOした。

 このカードを迎えるまで、今季の巨人戦は6戦6敗。屈辱を味わっていたが、逆転勝ちを飾った前夜に続き、打線の勢いが止まらず。

 2番手の守屋が巨人の勢いを止め、プロ初勝利。藤川、ジョンソン、能見、ドリスで逃げ切った。

 巨人は今季初の4連敗。打ち合いに敗れ、貯金4となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス