文字サイズ

阪神・西が6回5失点で3勝目ならず ビシエドに痛恨3ラン被弾

 4回、ビシエド(奥)に逆転3ランを許し、舌をかむ西
3枚

 「中日-阪神」(27日、ナゴヤドーム)

 先発の西勇輝投手(28)が6回7安打5失点でマウンドを降り、今季3勝目はお預けとなった。

 三回まで一人の走者も出さず、危なげない投球を披露していたが、四回に竜打線に牙をむかれた。先頭の1番・平田に死球を与え、続く京田に右前打でつながれ無死一、三塁とこの試合初めてのピンチを招いた。

 3番・大島の適時内野安打で1点を返されると、なおも一、二塁で4番・ビシエド。1ストライクからの2球目、内角141キロの直球を痛打されると、打球は無情にも左翼スタンドへ突き刺さる逆転3ラン。今季初めて西は被弾し、一気に試合をひっくり返された。

 続くピンチを切り抜け、1点差を保ったまま四回を投げきったが、五回は安打と四球で走者を背負い、阿部の適時内野安打で1点を追加された。右腕の今5失点は今季5試合目の登板で初。12連戦の初戦を託されたが、チームに勝機を呼び込む快投は披露できなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス