文字サイズ

ドラ3木浪あれれ3失策…オープン戦チーム首位打者も反省しきり

 7回、外崎の打球を捕球ミスする木浪
 8回、秋山の打球をファンブルする木浪
2枚2枚

 「オープン戦、阪神1-5西武」(16日、甲子園球場)

 守備力向上の必要性を痛感した。阪神のドラフト3位・木浪(ホンダ)が甲子園で初めて遊撃を守って3失策。オープン戦の規定打席に到達したが、表情はさえなかった。

 午前中に降った雨の影響で、いつもとは違う本拠地の土に苦しんだ。七回1死一塁は外崎の打球を前進して捕球後に転倒。同1死一、二塁は一塁・大山の二塁送球が一走に当ったように見えたが、記録は捕球できなかった木浪の失策に。八回1死二塁は捕球した打球がグラブから飛び出した。

 「技術不足。準備の問題です」。猛省する中、刺激的なプレーもあった。七回2死一塁での打席。二遊間へ鋭いゴロを放った。「抜けたと思った」という打球が、遊撃・源田にダイビングキャッチされた。昨年のパ・リーグ遊撃部門でゴールデングラブ賞に輝いた名手の技に感服。「ポジショニングとか参考にしたい」。ミスは反省しても、落ち込んではいられなかった。

 三回1死一塁はバットを折りながら右前打。規定打席に達し、オープン戦打率・419でチーム首位打者だ。打撃の勢いに乗り、守備でもリズムをつかみたい。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス