文字サイズ

藤浪 志願の2軍落ちだった フォーム修正して1歩ずつ復活の道へ

 練習中、笑顔を見せる藤浪
キャッチボールする阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・山口登)
ドリス(左)と話をする藤浪(撮影・山口登)
3枚3枚

 焦らず、確固たる自信を抱いて1軍に行く。不振で無期限の2軍調整となった阪神・藤浪晋太郎投手(24)が13日、甲子園で行われた残留練習に参加。志願しての2軍落ちだったことを明かした。

 開幕を目前にし、自らと向き合った上での決断だった。このままでは1年間戦い抜けない。12日の中日戦に登板後、矢野監督、福原投手コーチと会談。1軍で“追試”を受ける選択肢もあったが、2軍で仕切り直したい考えを伝えた。

 「本当は上(1軍)にしがみつきたいですし、開幕も1軍で迎えたい。ローテにも入りたい。もう1回チャンスをくださいというのも手だったかもしれないですけど、それ以上にもっとやるべきことがある」

 そう覚悟を決めたのは、4回無安打1失点ながらも4四死球と苦しんだ中日戦での投球内容。「いいものの再現性を高くできるように」。そのために求めていくのは、自信を持って投げられるフォーム。前を向き、着実に1歩ずつ復活への道を進んでいく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス