文字サイズ

矢野監督、珍指令 呼び方「矢野さん」でOK

 選手に積極的に声をかける矢野監督
1枚拡大

 「阪神秋季キャンプ」(5日、安芸)

 阪神・矢野燿大監督(49)が5日、選手に向けて「珍指令」を出した。選手からの呼び方を「矢野監督」ではなく、より気軽で親近感の湧く「矢野さん」でもOKの姿勢を示した。選手との距離感を縮め、関係性を密にしていく考えだ。

 「俺は『監督、監督』したくないのよ。監督が上で、選手が下とかはないんだからさ。全然『矢野さん』でいいよ」

 電撃的な形での1軍監督就任で立場が変わり、大きな責任を背負うことになった。だからと言って、急に偉ぶることはない。敷居を上げることもない。チームにおいて監督と選手という立場はあっても、そこは人と人との付き合い。目線は同じところに置きたい。

 10月23日の秋季練習初日にも、報道陣に対して「いつでも会話する準備というか、それはあるという。それは選手にもコーチにもスタッフにもみんな一緒」という考えを明かしていた。そのスタンスは変わっていない。「さん付け」で呼んでもらう気軽な形で、選手から何でも話してもらえればいい。

 「まだ選手から(積極的に話しかけてくる)というのはないけど」と矢野監督。選手からすれば必然的に感じてしまう「立場」という名のカベ。それを自ら取っ払い、腹を割って言葉を交わせる関係を築いてコミュニケーションを図っていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス