文字サイズ

岩貞が初回で危険球退場 頭部死球の青木は負傷交代 担架で球場外へ

1回、ヤクルト・青木への頭部死球で退場処分となった阪神・岩貞祐太=神宮球場(撮影・園田高夫)
3枚

 「ヤクルト-阪神」(30日、神宮球場)

 阪神の先発・岩貞が初回、ヤクルトの青木に頭部死球を当て、危険球で退場した。

 6点を先制した直後のマウンド。先頭の西浦に左中間を破られ、二塁に進まれて青木を迎えた。1-1からの3球目、内角高めの狙った直球がスッポ抜けて、青木の右側頭部付近に直撃した。

 青木はしばらくその場に倒れ込み、頭部をガードで固定され、担架でベンチ裏に下がった。岩貞はわずか7球で退場。阪神は代わって才木がマウンドに上がった。また、ヤクルトは雄平が代走で登場した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス