文字サイズ

糸原「変わらない」1番固定で新たな“斬り込み隊長”に 金本監督「彼しかいない」

 打撃練習に励む糸原
1枚拡大

 阪神の糸原健斗内野手(25)が、今後も打順を1番に固定されることが分かった。

 8日の阪神-ロッテ戦(甲子園)は雨天中止。7日のオリックス戦(甲子園)では、今季初めて1番でスタメン出場。三回1死二塁の場面で中前打、五回は1死走者なしから中前に打球を弾ませた。金本監督は、1番に固定するか、との問いかけに「糸原1番というのはずっと考えていたところだから。きのう(7日)も2本打ったし、これで一安心でしょう」とうなずきながら「今は彼しかいない」と全幅の信頼を置く。

 糸原本人は「やることは変わりません。自分の任されたところで、仕事をするだけです」と殊勝な言葉を口にしながら、クラブハウスへと引き揚げた。

 下位打線からつながった好機を生かせば、チームとして打線のつながりが生まれる。「1番が植田だと、8番、9番、1番が弱かったから。そういう意味では糸原の1番は大きいかな」と指揮官。新たな“斬り込み隊長”が、猛虎をけん引していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス