文字サイズ

メッセンジャーが国内FA権を取得 外国人選手では9人目「本当に誇り」

メッセンジャー
1枚拡大

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(36)が16日、出場試合年数が8年に達して国内移籍が可能となるフリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。外国人では9人目となる。

 2010年から阪神でプレーし、今年で在籍9年目。3月30日の巨人戦(東京ドーム)では4年連続5度目となる開幕投手を務め、勝利を挙げた。日本通算86勝(71敗)を挙げている右腕は「1つのチームでこういう機会を迎えられるのは数少ないと思うので、本当に誇りに思います」と笑みを浮かべた。来季も日本球界でプレーすれば、外国人選手の枠を外れる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス