文字サイズ

阪神、ヤクルト両チームがリクエスト要求も判定は覆らず

3回、一塁上でのプレーをめぐりヤクルト・小川監督がリプレー検証を要求し、その間談笑する(左から)阪神・西岡剛、ヤクルト・青木宣親、阪神 ウィリン・ロサリオ=甲子園(撮影・高部洋祐)
4回ヤクルト1死満塁、本塁の判定に阪神・金本知憲監督は佐藤主審にリクエストを要求する=甲子園(撮影・山口登)
2枚2枚

 「オープン戦、阪神-ヤクルト」(13日、甲子園球場)

 阪神、ヤクルトの両チームが、新たに導入されたリクエストをそれぞれ要求した。

 ヤクルトは三回の攻撃での微妙な判定にリクエストを要求。1死一、二塁で、青木は4-6-3の併殺とされたが、一塁へ駆け込んだ青木の足の方が早かったとして、要求に至った。しかし、検証の結果、判定通りアウトと判断された。

 一方、阪神も4点ビハインドとなった四回1死満塁から、青木の放った左前への適時打で、三走に続いて本塁突入した二走・上田の本塁クロスプレーに、球審はセーフの判定。金本監督がベンチを出て、初のリクエスト要求。判定はそのままセーフとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス