文字サイズ

ロサリオと「コサリオ」糸原が“共演”

2回、適時打を放つ阪神・糸原健斗=宜野座(撮影・棚橋慶太)
1回阪神1死一、二塁、左中間へ先制タイムリー二塁打を放つ阪神・ロサリオ=宜野座(撮影・立川洋一郎)
2枚2枚

 「練習試合、阪神-韓国・KIA」(21日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 ロサリオと“コサリオ”の共演だ。三回、2死三塁でまずは糸原だ。二回にも2点中前適時打を放った2年目は、2ボールから3球目。真ん中高め142キロ直球をフルスイングした。左翼後方に大きな弧を描いた打球は、そのまま左翼フェンス直撃。適時二塁打となった。

 金本監督が第4クールのMVPに指名。小柄ながらパワフルな打撃に「コサリオ」と命名している。さらに続くロサリオも2ボールから3球目、142キロの直球を右中間に運び、中前適時打でこの日も3打数2安打、3打点と大活躍。代走・陽川が告げられると、スタンドは拍手喝采でベンチに退く主砲を迎えた。

 今キャンプの実戦には5試合に出場。ここまで11打数8安打(打率・727)、9打点と驚異の数字を記録している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス