文字サイズ

中谷が2600万の大幅アップでサイン「実力上げられるように考えてやる」

大幅増で契約更改を終え笑顔で会見する阪神・中谷将大=甲子園(撮影・飯室逸平)
大幅アップで契約更改し笑顔がはじける阪神・中谷将大=甲子園(撮影・飯室逸平)
大幅アップで契約更改を終え、にこやかに会見する阪神・中谷将大=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 阪神・中谷将大外野手(24)が5日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1200万円から、2600万増の3800万円でサインした。(金額は推定)

 プロ7年目の今季は自己最多133試合に出場。06年の浜中治以来、球団の生え抜き選手では11年ぶりにシーズン20本塁打を達成。チーム屈指の長打力を存分に発揮し、飛躍のシーズンになった。

 球団からは「1年だけではなくて、来年も活躍してほしい」と来季のさらなる成長に期待を寄せられている。俊介、高山らライバルとの競争を勝ち抜き、目指すは中堅のレギュラー奪取。

 「最後は出られなかったので、まだまだ甘い部分が多いと思います。自分の実力を上げられるように考えてやっていきます」と気合を入れ、18年シーズンを見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス