文字サイズ

大山は1000万増の2500万円でサイン「1年間、1軍で出られるように」

契約更改し、会見する阪神・大山悠輔=甲子園(撮影・北村雅宏)
会見場に姿を現した阪神・大山悠輔=甲子園(撮影・北村雅宏)
契約更改し、記者の質問に答える阪神・大山悠輔=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 阪神の大山悠輔内野手(22)が28日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1500万円から、1000万アップの年俸2500万円でサインした。(金額は推定)

 1年目の今季は、6月18日に1軍へ初めて登録されると、CS3戦目となる最終戦まで完走。75試合に出場し、打率・237、38打点、7本塁打の成績を残した。

 プロ初安打が、初の本塁打。決勝点となる3打点をたたき出す衝撃的なデビューを果たした大山。9月1日には、虎の新人では53年ぶりの4番抜擢で先発出場し、その翌日にはリーグ分裂後初のルーキー4番弾を放つなど、存在感が光った。

 CS第2戦では、阪神の新人ではCS史上初となる本塁打&猛打賞。ポストシーズンでは、プロ野球史上初となる新人での4安打をマークした。

 それでも自らの課題については「全部です」と淡々。今オフは、秋季キャンプから二塁や遊撃にも挑戦しており、まだまだ可能性を秘める22歳だ。「規定打席に届いていないので。1年間ケガせずに1軍で出られるように、もう一回体を作っていきたい」。気を引き締め直し、2年目の来季へ準備を進めていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス