文字サイズ

【一問一答】福留が決勝2ラン「打った瞬間行ったと思った」

6回阪神無死一塁、右中間に先制の2ランを放ち、天に指を突き上げる阪神・福留孝介=甲子園(撮影・高部洋祐)
お立ち台で笑顔の阪神 ランディ・メッセンジャー(左)と阪神・福留孝介=甲子園(撮影・飯室逸平)
6回阪神、先制の2ランを放ち、阪神・金本知憲監督(左)とタッチを交わす阪神・福留孝介=甲子園(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「セCSファーストS・第1戦、阪神2-0DeNA」(14日、甲子園球場)

 阪神の4番・福留孝介外野手が、六回に値千金の決勝2ランを右中間席に運び、CSファイナルS進出に王手をかけた。五回まで投手戦で0-0だったが、主将が均衡を破る一発。CSでの本塁打は、15年の巨人とのファーストS第3戦(東京ドーム)以来、2年ぶり4本目。攻撃の殊勲者の一問一答は以下の通り。

 -今の気持ちは。

 「気持ちいいですね。はい」

 -どんな心境で六回は打席に入ったか。

 「メッセンジャーが言っていたように、ふと14年の時、六回に打ったなと思って打席に入りました」

 -打った瞬間、指を掲げられた時の気持ちは。

 「本当に最高の気分で、打った瞬間行ったと思ったので、最高の気分でした」

 -多くのファンの前でプレーする気持ちは。

 「本拠地でやっているのをすごく実感しますし、今日、勝てたのはこの声援のおかげじゃないかなと思います」

 -2014年のCS初戦でもメッセンジャー投手の無失点投球、福留選手の決勝弾があった。日本シリーズでは敗れたが、それも踏まえ意気込みを。

 「今日のような大声援を送っていただいて。明日しっかりと勝てるように頑張ります」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス