文字サイズ

阪神 大山が先制タイムリー、新人のスタメン4番は53年ぶり

3回、左翼線に先制適時二塁打を放つ大山
3回阪神、2死一、二塁、先制タイムリー二塁打を放つ阪神・大山悠輔=甲子園(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「阪神-中日」(1日、甲子園球場)

 阪神のドラフト1位新人・大山悠輔内野手が、貴重な先制の適時打を放った。この日座ったのは、プロ入り後初の4番。この大抜擢に、一振りで結果を残した。

 無得点で迎えた三回。2死走者なしから上本、糸井が連続で四球を選び、2死一、二塁。6球続けてボール球と、制球が安定しない中日先発の笠原を一気に攻め、先制のチャンスを作った。

 ここで打席には、大歓声を受けて4番・大山が向かう。そして、3ボールで迎えた4球目だった。内角のカットボールを鋭いスイングではじき返すと、打球は勢いよく左翼線へ。チーム2本目の安打で、2走・上本が一気に生還。

 「みんながつないでくれて回ってきた打席だったので、ランナーを返すことを考えて、3ボールカウントでしたが、積極的に打ちにいきました。先制点をとることができてよかったです」と振り返った。初めての4番で、ルーキーが大きな仕事を果たした。

 阪神の新人のスタメン4番抜擢は、1964年の富恵一氏以来。実に53年ぶり。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス