文字サイズ

阪神3番手のマテオが八回、勝ち越し許す 巨人・寺内の適時打などで3点奪われる

8回、寺内(手前)に勝ち越し2点タイムリー二塁打を打たれたマテオ。後は陽岱鋼(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「巨人-阪神」(10日、東京ドーム)

 阪神は3番手・マテオが踏ん張りきれず2点の勝ち越しを許した。

 2-2の八回からマウンドに上がったマテオ。先頭の陽にいきなり四球を与えてしまった。続くマギーには右前にはじき返され無死一、二塁。それでも坂本を深めの中飛に打ち取り1死一、三塁。代打・中井は空振り三振に仕留めた。

 2死一、三塁からバッテリーは5番・村田を敬遠気味の四球で歩かせ、6番の途中出場の寺内との勝負を選択。ここで寺内に左翼線へと運ばれ2点を失った。

 なおも2死二、三塁で、続く亀井の打球を遊撃の北條が捕球できず適時失策。3点目を失った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス