文字サイズ

阪神・金本監督 糸井の守備位置「俺はセンターで考えている」

壇上であいさつする金本監督(撮影・高部洋祐)
納会であいさつする金本監督(手前は坂井オーナー)=撮影・飯室逸平
2枚2枚

 阪神の金本知憲監督(48)が22日、FAで加入した糸井の守備位置について明かした。主に今季守っていた右翼を任すのか、それとも中堅か。注目も集まるが「俺はセンターで考えている。本人に聞いたけど、オリックスではライト?まったくどっちでも違和感ないみたいで…。特にやりにくさはないということだから。守備範囲も広いし、肩も強いし…」と、外野の中心ポジションを任せる方針であると話した。

 一方で、福留のポジションについても言及。糸井に中堅を任せれば、自然な流れで右翼は福留となる。一塁挑戦の可能性もあったが「これで孝介は外野に専念できるんじゃないかな。メジャーで一塁の経験もあるし、それが彼のためかなという思いから提案したんだけれど、彼が外野一本で専念したいというので…。途中でケガがあったりとかしたら、一塁もあるかもしれないから、そういう状況は頭においてくれとは言ってある」と、来季40歳のシーズンに挑むベテランに配慮しつつ、本人の希望をかなえる方針であることを明かした。

 プラン通り行けば、中堅・糸井、右翼・福留。夢のようなコンビ。名手2人が甲子園の広い右中間を封鎖する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス