文字サイズ

阪神・藤浪が8試合ぶりの白星 7回2安打無失点で5勝目「ホッとしている」

力投する阪神・藤浪=神宮球場(撮影・園田高夫)
勝利のハイタッチをかわす高山ら阪神ナイン(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「ヤクルト0-7阪神」(5日、神宮球場)

 阪神が打っては12安打7点、投げては2安打0封の完勝。ヤクルト戦の連勝を6に伸ばした。

 打線は二回に相手の暴投で1点を先制すると、さらに藤浪の中前適時打で1点を奪った。五回には高山の右前適時打で1点を追加。八回にも高山が中前適時打を放ち、突き放した。

 九回にはゴメスの19号2ラン、伊藤隼の1号ソロと連続本塁打でダメを押した。

 先発の藤浪は7回2安打無失点。その後は安藤、松田とつないでヤクルト打線を完封した。藤浪は6月2日、楽天戦以来の白星で5勝目(7敗)。

 投打の活躍で8試合ぶりの美酒に酔った藤浪は「バックにも守ってもらえたし、助かりました。勝てないなりに工夫して、しっかり頑張ろうとやってきた。久しぶりに自分に勝ちが付いてホッとしている」と振り返った。

 ヤクルトは先発のデイビーズが5回を5安打3失点で降板。打線が単打2本と沈黙した。中日と入れ替わって、最下位に転落した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス