文字サイズ

ドラ5青柳 独特投球フォームに愛称募集

 陸上競技場を背に、投球フォームを披露する青柳
1枚拡大

 阪神のドラフト5位・青柳晃洋投手(22)=帝京大=が4日、東京都八王子市内の同大キャンパス「陸上競技場」で自主トレを公開。アンダースローとサイドスローの中間という独特な投球フォームの愛称を募集した。

 昔からスタープレーヤーには、これ!という愛称があった。野茂といえば「トルネード」、イチローといえば「振り子打法」のように。そのため青柳も「皆さんに付けてほしいですね」と話す。「クオータースロー」と名付けられたこともあったが、いまひとつ浸透しなかっただけに親しみのあるニックネームを欲している。

 愛称定着の前に、まずはプロで結果を出すことが大事。「牧田さんや三浦さん、渡辺俊介さんのように(カウントを取れる)遅いカーブを身に付けたいです」と夢を描く。

 牧田の最遅が93キロなら、三浦と渡辺は90キロ前後。一方で青柳の最遅は98キロだ。自身のボールは「コントロールが悪い。精度を上げていかないといけません」というレベル。修正へ向け、現在の練習では体重移動を意識している。

 「投げ終わった後、体重が後ろに残ってしまう。なるべく前にしないと。下半身の筋力を上げる練習をしています」。課題を胸に練習を続け、愛称定着とカーブの精度アップを目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス