文字サイズ

和田監督、ドラ1横山にローテ入り厳命

 キャッチボールで笑顔をみせる横山(撮影・保田叔久)
1枚拡大

 「阪神秋季練習」(8日、鳴尾浜)

 阪神は8日、西宮市内の鳴尾浜で秋季練習を行った。前日に21U日本代表の試合で快投を見せたドラフト1位指名・横山雄哉投手(20)=新日鉄住金鹿島=について、和田豊監督(52)は称賛の声を上げ、来季の先発ローテーション入りを期待していた。

 来季こそ頂点へ-。その思いで、次への歩みを始めた猛虎軍団。そこへ飛び込んだドラ1左腕の快投という朗報に、和田監督も喜びを隠せなかった。

 前日の7日、台湾で行われている21UのW杯豪州戦に、ドラフト1位指名した横山が六回から登板。3回をパーフェクト。5者連続を含む8奪三振を奪う投球を見せた。これには指揮官も「(映像を)見てないんだよ。8K?それはスゴイよな」と感嘆の声だ。

 そして、早くも来季へ思いをはせる。今季はメッセンジャー、藤浪、能見、岩田に続く先発ローテの5番手以降となる投手が固定できず。新人の岩貞、岩崎両左腕の台頭もあったが、先発不足はV逸の要因ともなった。

 先発不足解消へ、オフにはロッテからFA宣言した成瀬らの獲得へ調査を続けていたが、いずれも苦戦続き。それだけに横山へは「岩崎、岩貞と同年代の競争相手もいっぱいいる。その中に割って入ってきてもらいたい」と期待も大きい。

 昨年のドラフトでも岩貞ら左腕を3投手指名。左投手の数が不足しているわけではないが「最後に残ったのはと考えると…中継ぎでも苦労した。数ではなく、質の高い競争をしてもらわないといけない」と話す。

 横山の存在が、チームの左腕投手に刺激を与えてハイレベルな競争を展開。先発から漏れた投手も中継ぎへと配置できれば、チームが抱える懸案を解決することにつながる。

 来春の宜野座キャンプスタートには「(決めるのは)まだ早い」としながら、その上で「(素材が)良いから獲っているわけだし、そういう意味で楽しみ。そういう投手が先発ローテに入らないといけない」と来季ローテ入りを厳命。投手王国の構築へ。夢は広がるばかりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス