文字サイズ

遼馬逃げない!メジャーに直球勝負宣言

 松田の勢いのあるボールに後ろで見る久保コーチもうなる(撮影・田中太一)
1枚拡大

 「阪神秋季キャンプ」(7日、安芸)

 阪神・松田遼馬投手(20)が、秋季キャンプで初めてブルペンに入り、投球練習を行った。11日にMLBオールスターチームと対戦する阪神・巨人連合チームのメンバーに選出されている剛腕はメジャー相手に「直球勝負」を宣言した。

 褐色に日焼けした松田が臆することなく、言い切った。「真っすぐで勝負すると思います」。4日後に控えたメジャー連合軍との戦いに思いをはせたとき、自らの青写真がブレることはなかった。

 相手はメジャー屈指の大物が名を連ねる。昨年のWBCでドミニカを初優勝へ導き、大会MVPに輝いたカノらと相対しても20歳のスタンスは「逃げない」こと。「押して打たれても、経験。勝負していきたいんです。今の自分の力を出し切って、そのなかで来季に生かせればいいと思うし、勉強したい」と、真顔で語った。

 この日はブルペンで50球。直球を主体にしながら、フォーク、カーブ、スライダーなど半数を変化球に費やした。「直球だけでは狙い打たれることを今年学んだので、フォークとかカーブ、変化球を磨いていきたい」。来季、勝利の方程式を担うべく、投球術の熟成も念頭に置いている。

 昨季は1軍初登板から17試合連続無失点の快投を演じるなど華々しいデビューを飾った。台湾遠征した小久保ジャパンにも選出されるなどブレークしたが、今季は春季キャンプ中に右肘痛を発症。1軍昇格がシーズン終盤までずれこんだ。それだけに、メジャーとの力勝負は万全を期す来季への試金石となるはずだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス