文字サイズ

岩田は“第2先発”中継ぎ登板に手応え

 「フェニックス・リーグ、阪神4-3DeNA」(7日、生目第二)

 CSファーストSの「第2先発」へ準備を整えた。みやざきフェニックス・リーグのDeNA戦に、七回から登板した阪神・岩田が2回2安打無失点。いきなり連打で無死二、三塁のピンチを招いたが、持ち味の粘り強い投球で、本塁を踏ませなかった。

 「今日は中継ぎ仕様でいきました。悪くなかった思います。もっと良くなると思います」。上々の内容に、本人も満足顔だ。

 「気になりました」と言いながら、不慣れな中継ぎ登板に手応えをつかんだ。CSファーストSではメッセンジャー、能見、藤浪が先発予定。自身はファイナルSでの先発登板が予定されているが、ファーストSでは先発が早い回で崩れた場合に備えて、ブルペンで待機する予定だ。

 「投げろと言われたところで投げるだけです」と岩田。万が一、先発にアクシデントが襲っても、ブルペンにはリーグ2位の防御率2・54をマークした頼もしい男が控えている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス