文字サイズ

メッセ&マートン、週明けにも残留合意

 阪神が来季の残留へ向けて交渉を続けているランディー・メッセンジャー投手(32)、マット・マートン外野手(32)について、週明けにも契約合意に達する見込みであることが8日、分かった。

 9年ぶりVに欠かせない投打の中心選手が、来季も猛虎の一員として虎党の前に立ちそうだ。球団関係者は両選手との契約について「週明けに動きがありそう。(交渉経過に)心配はしていない。週明けに合意?そうだね」と見解を示した。

 メッセンジャーは今季、チームトップの12勝をマーク。マートンも開幕直後から4番を務め、自身3度目の最多安打のタイトルを獲得するなど、2位躍進の原動力となった。

 両選手ともに今季で契約満了となるが、シーズン終了直後から来季の戦力として慰留に努めてきた。ともにメジャー復帰の希望を持っていたが、球団側は条件面でも、大幅な年俸アップを含めた大型契約を提示。誠意を見せ続けてきた。

 両選手の慰留に加え、新外国人としてナショナルズのマウロ・ゴメス内野手と正式契約間近。抑え候補として韓国・サムスンの呉昇桓(オ・スンファン)投手も、獲得調査を継続中だ。猛虎を支える助っ人の来季陣容が、固まりつつある。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス