文字サイズ

西岡が実戦復帰 走攻守に万全アピール

 「阪神2軍紅白戦、紅組3‐1白組」(15日、鳴尾浜)

 左膝痛のため2軍調整中の阪神・西岡剛内野手(29)が15日、鳴尾浜で行われた2軍紅白戦で実戦復帰を果たした。平田2軍監督へ直訴し、毎イニング打席に立ち、6打数2安打。走攻守で万全の動きを見せ、16日からのヤクルト戦で1軍合流を果たす見込みだ。

 スタンドで選手の動きをチェックしていた平田2軍監督のもとへ、担当の権田トレーナーが飛んできた。言葉を交わすと指揮官は思わず「意欲的なヤツやな」とこぼした。毎イニング打席に立つことを西岡が志願。1日でも早く1軍に上がりたいという意志が、2軍首脳の心を揺さぶった。

 第4打席では追い込まれながらも清原の変化球を中前へはじき返した。続く第5打席は島本の直球を痛烈に打ち返し、一、二塁間を破った。走塁でも一塁から左中間を抜く長打で一気にホームイン。「反応の問題。いい感じでいけた。1軍の試合のつもりでやった」と守備でも二遊間の難しい打球をジャンピングスローでさばいてみせた。

 西岡の動きに平田2軍監督は「万全。もう何の問題もない」と太鼓判を押した。「モチベーションが高いときに上がった方が良い」と平田監督自ら1軍首脳陣へ強く推薦した。16日の朝に状態をチェックし、問題がなければ1軍が戦う京セラドームに合流する予定。頼れるリードオフマンが万全の状態で戻ってくる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス